01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

ゲンソウダイス

since:2014/10/12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

作品募集について(3/26追記) 

東方芸術祭は毎回テーマを変えた企画展の形を取っています。
つまり、企画者(主催)が企画に応じて作家さんに声をかけさせていただき、
テーマに即した作品をご出品いただく、というタイプの展覧会です。

しかしながら、第二回となる今回は会場も非常に広く、一般の来場者も多数訪れるという
非常に好条件のもと展覧会が開催できることになりました。
こんな機会を少人数の作家さんで使ってしまうのはもったいない! ということで、
今回、作品を一般から応募することにいたしました。
(※作品の大きさや数に応じた出品料がかかります)

絵画やイラスト、彫刻・彫塑、フィギュア、写真、アクセサリー、衣装、金工、木工、映像、インスタレーションなどなど、作品のジャンルやメディアは問いません。
公序良俗に反しないこと、展示に適した形態であることだけが条件です。

美術や芸術というと、いわゆるアナログ作品を思い浮かべるかもしれませんが、
CGをパネルにしたり、プロジェクションを用いたりといった表現も立派な作品のひとつです。


ご興味のある方はこのメールやツイッターのリプライなどでご連絡ください。
あらためまして、こちらから出品要項などのご連絡を差し上げます。


(2015年3月26日追記)

多くのお申し込みをいただきありがとうございます。
作品募集ですが、今月末の3月31日(火)をもちまして一旦締め切りとさせていただきます。
これ以降のご参加もお待ちしておりますが、関係宣伝先にお名前が載らなかったりと、
こちらの対応が遅くなることがあります。
 
また、最終締め切りは4月4日(土)正午とさせていただきます。
よろしくご検討いただけますよう、お願い申し上げます。

(4月4日追記)

第二回東方芸術祭の作品募集について、すべての受付を締め切らせていただきました。
数多くのすばらしい作家さんに名乗りを挙げていただきましたこと、誠に感謝いたします。
今後ともより良い展覧会にすべく精進いたしますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/16 Mon. 15:47 [edit]

category: 東方芸術祭

TB: --    CM: 1

16

第二回東方芸術祭開催のお知らせ 

昨年11月下旬に開催いたしました「東方芸術祭」ですが、
作家・来場者の方々からのご好評につき、ぶじ第二回目開催のはこびとなりました。

以下の概要での開催を予定しております。

======================================================

会期:5月2日(土)~5月5日(火) 9:30~1700(最終日は16:00まで)

場所:横浜・ブラフ18番館 1Fギャラリー・ホール
www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/Bluff/

入場料無料
======================================================


前回はファインアート寄りの展覧会でしたが、今回はより広いジャンルから作家・作品を募集し、にぎやかな展覧会にしたいと考えています。
作品のご応募も受け付けてますので(要出品料)、ご興味のある方はリプライやDM、メールなどいただければと思います。

「展示してみたいけど、こんなジャンルでもいいの?」「どんなふうに飾り付けしたらいいのか不安……」などのご疑問をお持ちの方もお気軽にご連絡ください。できるかぎり対応させていただきます。

東方芸術祭の理念のひとつとして、同人イベントではなかなか伝えることのできない作品の魅力を
良い条件のもとで多くの人に見せたい、伝えたい、というものがあります。
今回は例大祭の前でもありますので、イベントで頒布する作品のプレ発表の場としてもお使いいただければと思っています。


その他、ご意見ご質問等ぜひお寄せください。

Posted on 2015/02/15 Sun. 20:56 [edit]

category: 東方芸術祭

TB: --    CM: 0

15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。